在宅ビジネスで稼ぐための心得

副業LIBERTY(リバティ)(Woods株式会社)が稼げるのには理由がある!?

副業では税金の申告が怖いことも

time 2020/12/25

副業をしているときにいろいろと考えなければならないことというのがあります。
まず、そもそも成功しているのかどうか、ということがありますが運良くと言うか自分の実力も含めてですがうまく副業で稼ぎ出してきたということになりますよね当然利益が出ているわけです。
その利益の申告などをすることになりますが、本業がサラリーマンなどであり、副業で利益を出している場合、源泉徴収や年末調整などはどのように対処すればよいのかということがまず知っておかなければならないこととしてあります。
要するに確定申告というのは行う必要性が出てくるわけです。本来サラリーマンなどであれば、ほとんどのところが会社がやってくれるようになってます。給料に事前にこのぐらいの税金は支払うであろうということが引かれているわけでそれが源泉徴収というものです。
それを年末の調整によって確認して税金が戻ってきたりとか、或はかなり収入が途中で大きくなったので加えて支払わなければならないということもそんなに多いことではないですがあり得ます。
ですから副業をする時にとても気になる部分としてあるようなどのように税金を納めるべきであるのかということです。それ自体はそこまで難しいわけではなくて自分で確定申告をすれば良いだけということではありますのでここは極端に大きなハードルとか副業をする時の悩ましいところというわけではないです。
しかしながら、全ての人がそうではないのですが会社にばれたくないということもあるでしょう。企業によっては社員の副業を禁止していることもあります。
実際禁止しているのであればやった方が悪いわけでその点をどのようにフォローしようと思う会社からすれば従業員の規則で副業が禁止されているのに行ったという事の方が確実に悪くなります。
そのため多少言い方が悪いのですがばれないようにやれる方法はないのかどう考えることでしょう。ここで前述の納税に関することがつながってくるのですが最もバレる可能性が高いというのが納税です。
納税方法を誤ってしまうと副業分の税金まで会社に請求がいくミスを起こしてしまうことがあります。
それだけは避けるようにするということがとても大事です。
しかし、別に会社で副業が禁止されているわけではない、というのであればそこまでそれは気にすることではないです。
ちなみに年間の利益が20万円以下であれば申告しなくてもよい、ということになっています。